スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さすが一万円札

日本の不幸は中国シナと朝鮮だ~福沢諭吉 『脱亜論』



この二国の人々も日本人と同じく漢字文化圏に属し、同じ古典を共有しているが、もともと人種的に異なるのか、教育に差があるのか、 日本との精神的隔たりはあまりにも大きい。

情報がこれほど早く行き来する時代にあって、近代文明や国際法について知りながら、過去に拘り続ける中国シナ・朝鮮の精神は千年前と違わない。国際的な紛争の場面でも「悪いのはお前の方だ」と開き直って恥じることもない。

もはや、この二国が国際的な常識を身につけることを期待してはならない。「東アジア共同体」の一員として その繁栄に与ってくれるなどという幻想は捨てるべきである。

日本は、大陸や半島との関係を絶ち、 欧米と共に進まなければならない。ただ隣国だからという理由だけで特別な感情を持って接してはならない。

この二国に対しても、国際的な常識に従い、国際法に則って接すればよい。悪友の悪事を見逃す者は、共に悪名を逃れ得ない。私は気持ちにおいては「東アジア」の悪友と絶交するものである。


明治十八年三月十六日付『時事新報』

 世界交通の道、便にして、西洋文明の風、東に漸(ぜん)し、到る処、草も木もこの風になびかざるはなし。けだし西洋の人物、古今に大に異(ことな)るに非ずといえども、その挙動の古(いにしえ)に遅鈍にして今に活発なるは、ただ交通の利器を利用して勢(いきおい)に乗ずるが故のみ。故に方今(ほうこん)東洋に国するものゝ為(ため)に謀(はか)るに、この文明東漸(とうぜん)の勢に激してこれを防ぎおわるべきの覚悟あれば則(すなわ)ち可(か)なりといえども、いやしくも世界中の現状を視察して事実に不可なるを知らん者は、世と推し移りて共に文明の海に浮沈し、共に文明の波を掲げて共に文明の苦楽をともにするの外(ほか)あるべからざるなり。

 文明はなお麻疹(はしか)の流行の如し。目下(もっか)東京の麻疹は西国長崎の地方より東漸して、春暖と共に次第に蔓延(まんえん)する者の如し。この時に当り、この流行病の害をにくみてこれを防がんとするも、果してその手段あるべきや。我輩(わがはい)断じてその術(すべ)なきを証す。有害一偏の流行病にても、なおかつその勢(いきおい)には激すべからず。いわんや利害相伴(あいともな)うて常に利益多き文明に於(おい)てをや。ただにこれを防がざるのみならず、つとめてその蔓延を助け、国民をして早くその気風に浴せしむるは智者の事なるべし。

 西洋近時(きんじ)の文明が我日本に入りたるは嘉永の開国を発端として、国民ようやくその採(と)るべきを知り、漸次に活発の気風を催(もよ)うしたれども、進歩の道に横わるに古風老大の政府なるものありて、これを如何(いかん)ともすべからず。政府を保存せんか、文明は決して入るべからず。如何となれば近時の文明は日本の旧套(きゅうとう)と両立すべからずして、旧套を脱すれば同時に政府もまた廃滅すべければなり。しからば則(すなわ)ち文明を防(ふせぎ)てその侵入を止めんか、日本国は独立すべからず。如何となれば世界文明の喧嘩繁劇(はんげき)は東洋孤島の独睡を許さゞればなり。

 ここに於てか我日本の士人(しじん)は国を重しとし政府を軽しとするの大義に基き、また幸(さいわい)に帝室の神聖尊厳に依頼して、断じて旧政府を倒して新政府を立て、国中(こくちゅう)朝野(ちょうや)の別なく一切万事、西洋近時の文明を採り、独(ひと)り日本の旧套を脱したるのみならず、亜細亜(あじあ)全洲の中に在て新(あらた)に一機軸を出し、主義とする所はただ脱亜の二字に在るのみ。

 我日本の国土は亜細亜の東辺に在りといえども、その国民の精神は既(すで)に亜細亜の固陋(ころう)を脱して西洋の文明に移りたり。然(しか)るにここに不幸なるは近隣に国あり、一を支那と云い、一を朝鮮と云う。この二国の人民も古来、亜細亜流の政教風俗に養わるゝこと、我日本国民に異(こと)ならずといえども、その人種の由来を殊(こと)にするか、但しは同様の政教風俗中に居ながらも遺伝教育の旨に同じからざる所のものあるか、日支韓三国相対(あいたい)し、支と韓と相似るの状は支韓の日に於(お)けるよりも近くして、この二国の者共は一身に就(つ)きまた一国に関して改進の道を知らず、交通至便の世の中に文明の事物を聞見(ぶんけん)せざるに非(あら)ざれども、耳目(じもく)の聞見は以(もっ)て心を動かすに足らずして、その古風旧慣に恋々(れんれん)するの情は百千年の古に異ならず、この文明日新の活劇場に教育の事を論ずれば儒教主義と云い、学校の教旨は仁義礼智と称し、一より十に至るまで外見の虚飾のみを事として、その実際に於ては真理原則の知見なきのみか、道徳さえ地を払うて残刻(ざんこく)不廉恥(ふれんち)を極め、なお傲然(ごうぜん)として自省の念なき者の如(ごと)し。

 我輩を以てこの二国を視(み)れば、今の文明東漸の風潮に際し、とてもその独立を維持するの道あるべからず。幸にしてその国中に志士の出現して、先(ま)ず国事開進の手始めとして、大にその政府を改革すること我維新の如き大挙を企て、先ず政治を改めて共に人心を一新するが如き活動あらば格別なれども、もしも然(しか)らざるに於ては、今より数年を出(い)でずして亡国と為(な)り、その国土は世界文明諸国の分割に帰すべきこと一点の疑(うたがい)あることなし。如何となれば麻疹に等しき文明開化の流行に遭(あ)いながら、支韓両国はその伝染の天然に背(そむ)き、無理にこれを避けんとして一室内に閉居し、空気の流通を絶て窒塞(ちっそく)するものなればなり。輔車(ほしゃ)唇歯(しんし)とは隣国相(あい)助くるの喩(たとえ)なれども、今の支那、朝鮮は我日本国のために一毫(いちごう)の援助と為らざるのみならず、西洋文明人の眼を以てすれば、三国の地利相接(あいせつ)するが為(ため)に、時に或(あるい)はこれを同一視し、支韓を評するの価を以て我日本に命ずるの意味なきに非(あら)ず。

 例えば支那、朝鮮の政府が古風の専制にして法律の恃(たの)むべきものあらざれば、西洋の人は日本もまた無法律の国かと疑い、支那、朝鮮の士人が惑溺(わくでき)深くして科学の何ものたるを知らざれば、西洋の学者は日本もまた陰陽五行の国かと思い、支那人が卑屈にして恥を知らざれば、日本人の義侠(ぎきょう)もこれがためにおおわれ、朝鮮国に人を刑するの惨酷(さんこく)なるあれば、日本人もまた共に無情なるかと推量せらるゝが如(ごと)き、これらの事例を計(かぞう)れば枚挙にいとまあらず。これを喩(たと)えばこの隣軒を並べたる一村一町内の者共が、愚にして無法にして然(し)かも残忍無情なるときは、稀(まれ)にその町村内の一家人が正当の人事に注意するも、他の醜におおわれて埋没するものに異(こと)ならず。その影響の事実に現われて、間接に我外交上の故障を成すことは実に少々ならず、我日本国の一大不幸と云(い)うべし。

 されば、今日の謀(はかりごと)を為すに、我国は隣国の開明を待て、共に亜細亜を興(おこ)すの猶予(ゆうよ)あるべからず、むしろ、その伍を脱して西洋の文明国と進退を共にし、その支那、朝鮮に接するの法も、隣国なるが故にとて特別の会釈に及ばず、まさに西洋人がこれに接するの風に従て処分すべきのみ。悪友を親しむ者は、共に悪名を免(まぬ)かるべからず。我れは心に於て亜細亜東方の悪友を謝絶するものなり。



そして、なんといっても忘れてならない聖徳太子

中華思想は、現在の中国シナや中国シナ人の、自分のことを棚に上げて相手を非難する傲慢な態度に、明らかに引き継がれています。

それを踏まえたうえで、充分注意してお付き合いしてゆきたいと思います。

今回は、日本がいかにして中国シナ(中華思想に基づく柵封体制)から独立を果たしたのか?についてです。


●日本人の気概

昔(今から約1400年前)日本も中国シナを中心とした「柵封体制」に組み込まれていましたので、最低600~1000年くらいは中国シナの属国だったのです。

柵封体制に組み込まれて中国シナの家来になった周辺国の王は、毎年(日本の場合は海を隔て遠方のため、何年かに一回)皇帝に使者を送ります。

使者は皇帝に貢物を捧げ、三度跪き(ヒザマヅキ)、九回地面に頭を付けてお辞儀をします。(これを「三跪九叩頭」サンキキュウコウトウと言います)

しかし日本民族の特徴としては、一部の強い国の権力者が威張り散らして、他の民族を支配したり搾取することに対して、

「支配や搾取は良くない、国も人間もみんな平等のはずである。」

と、大国といえども人間として全く対等なのだ、と主張する「気概」や「道徳心」を持っていました。

ちなみに明治のころ、アメリカと付き合い始めた日本人は、実はアメリカを強く軽蔑していました。アメリカに奴隷制度があり、奴隷を動物のようにこき使っていたからです。

(この気概は、近代の日本と世界の歴史でも、大きな役割を果たします。)

また、

「みんなでよく話し合い、お互いに上手くやれば良いではないか。」

のような「和」の精神があったようです。

この「和」の精神と「中華思想」は、全く相いれない考え方です。

ですから国が徐々に整ってきた6~7世紀になると、中国シナの柵封体制から一日も早く抜け出したいと思うようになりました。

そして念願であった日本独立の立役者が、有名な聖徳太子(574~622年)なのです。


●日本の独立に向けて組織つくりと憲法制定

聖徳太子のことは日本書紀(720年)に書かれていますが、死後100年経ってからの記述のため、実在を疑う説もあります。

しかし、私は個人的には実在した人物、またはモデルになるような人がいたのだと思います。

太子の本名は厩戸(うまやど)の皇子といいます。その変?な名前は厩戸(馬小屋)の前で生まれたことに由来しているそうです。

(新約聖書のキリストの誕生の影響を受けて、創作されたという説もあります。)

593年に推古天皇(女帝)の皇太子(次の天皇)となり、摂政として実質日本の国の政治を動かしていました。

聖徳太子の時代、当時の中国シナ(隋)は世界一の軍事超大国です。

太子は、日本がいつまでも中国シナの家来に甘んじているのは理不尽だ、一人前の国として「独立」しようと考えたようです。そこで日本が独立するための準備を進めました。

まず独立国として、国の組織つくりが必要です。

そこで日本独自(朝鮮の冠位を参考にしたという説もある)の「冠位十二階」を定め豪族を序列化し、天皇が官位を任命することで豪族に対する天皇の権威の向上を図りました。

次に憲法の制定です。

「十七条憲法」を定めて、官僚や貴族に対する道徳的な規範を示しました。

この中に有名な「和」の精神が語られています。

「一に曰(い)わく、和を以(も)って貴(とうと)しとなし、忤(さから)うこと無きを宗(むね)とせよ。(以下略)」

以下略...の部分には、なんでも話し合いで決めることが大切である、と書かれています。

この憲法によって、日本では何よりも「和」と「話し合い」が、何よりも大切な意思の決定方法となります。

この和の精神と、何でも話し合いで解決する考え方は、今でも私たち日本人の根本的な考え方です。

聖徳太子「和を以て貴しとなす」の真意
[広告] VPS


(しかし世界の多くの国の考え方は、自分たちの利益が何よりも大切で、そのためには相手の国を脅かしたり、平気で嘘も言う、隙あらば侵略してくる、という事を知らねばなりません。その上で、そうならない様に外交努力をすることが大切だと思います。)

次に国の歴史書「国記」と「天皇記」を編纂しました。
(これは残念ながら失われていて現存しません)

これらは日本が、独立国としてふさわしい「根拠」を内外に示すためです。


●周辺諸国の情勢を読んで独立宣言

さあ、国の形は出来ました。

あとはタイミングを計り中国シナに対して、独立宣言をするのみです。

607年に小野妹子が使者(第二回遣隋使)として「隋」に派遣されましたが、その時隋の煬帝に送った国書に、

「日出ずる処の天子、書を日没する処の天子に致す。恙無きや」
(ヒイヅルトコロノ天子、書ヲヒポッスルトコロノ天子ニイタス。ツツガナキヤ)

つまり親分である皇帝(天子)に対して、我が国も対等な天子なのだ、という宣言です。

それも日本は日出ずる処、そちらは日没する処ではないか!と、完全なタメ口以上です。

日本(日出ずる処)という国名や天皇という称号は、どうもこの頃から使われだしたようです。(これも諸説あります。)

隋の皇帝である煬帝は、この対等外交の国書に激怒しましたが、当時隋は高句麗遠征を控え、日本との友好関係が必要と判断し、しぶしぶ独立を認めたようです。
(つまりこの国書に対して文句を言わず黙認した。)

現在であれば軍事超大国であるアメリカに対して、小国が対等な外交をするようなものです。現在ならまかり通るかも知れませんが、当時は下手をすると責め滅ぼされる可能性もあったのです。

中華思想は、自分が中心で対等な国など存在しないという思想ですから、聖徳太子の朝鮮半島の情勢を読んでの外交力は、天才的といってよいでしょう。

こうして日本は中華思想の呪縛から解放され、中国シナと対等な外交が可能になったのです。

その後も日本は遣隋使、遣唐使を送りますが、それはあくまでも文化や技術を学ぶ事が目的であって、柵封体制の朝貢が目的ではありませんでした。

ちなみに朝鮮半島が柵封体制から抜けるのは、なんと1895年、日清戦争後ようやく独立出来たのです。日本の独立から1300年遅れでした。

日本が清国に勝利し、朝鮮半島を中華思想から解放しました。それまでは朝鮮国王でしたが、始めて「朝鮮皇帝」が誕生し、本当の意味で独立国となり、やがて日本の皇室とも親戚関係となるのです。

福沢諭吉著作集〈第1巻〉西洋事情福沢諭吉著作集〈第1巻〉西洋事情
(2002/05)
福沢 諭吉

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ : 日本を正常な国に戻したい
ジャンル : 政治・経済

プロフィール

virya

Author:virya
viiiryaをフォローしましょう
管理人 MAP
クリックで救える命がある。




日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。